フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

色んな所にいるよ

無料ブログはココログ

オススメ

  • 美味しいチーズ

« 2010年8月29日 - 2010年9月4日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2010年9月16日 (木)

Gatemala-El Salvador

Guatemala-El Salvador 12/Sep/2010-14/Sep/2010

USED大国グアテマラ

メキシコから着きました。グアテマラはフロレスに。こちらもマヤ文明が強く残る、ティカル遺跡のある場所。それにしてもマヤofマヤな顔をしている男性人は皆カッコイイ。
グアテマラには、というかペルーとボリビアに行きたい私たちですが。メキシコからローマへ戻るチケットが11月3日なためにかなり駆け足で中南米を周らなくてはならず、“通過”で終わってしまう国々もたくさんあります。そんなわけでグアテマラには1日しかいなかったしティカル遺跡にも行っていないのだけれども。ここはアメリカから下りてきたと思われる古着たちが大量に出回っているのです。

それも

「アホか」って値段で。

たとえば
アバクロ=200円
H&M=200円
アメリカンイーグル=200円

みたいな。ま、探せばですがそんなに頑張らなくてもみつけられます。欲しい古着がありすぎてどうしようかと思ったけれど荷物になってしまうので断念。すごく悔しい。長旅はこれがつらいです。服・小物好きの私としては。泣く泣くあきらめる感じが・・・。


アユカを道連れにし古着屋めぐりをして終了。到着したのがすでに午後だったため時間がなく。次の日の早朝には移動です。


ホンジュラスと思いきやエルサルバドル

ホンジュラス行きたかったんだよね、私はさ。ワールドカップに出てきたじゃない?それまで場所も知らなかったホンジュラス。中南米なんだとわかった瞬間すごく行きたくて。グアテマラのフロレスからダイレクトバスがあるというからチケットを購入し、朝6時のバスに乗るべくターミナルに行ったらチケットを頼んだ売人のおやじに

「申し訳ない、というか僕に知らせなかったんだ、こいつらが。ホンジュラス行きのバスは時間が変更になって、そこにいるバスはエルサルバドルに行く。でも、君らは次にコスタリカに行くんだろう?なら便利だ。ダイレクトバスが出ているから。」


そういう問題じゃねぇー!!!

あたしはホンジュラスに行きたかったの!
エルサルバドルじゃない!
っていうかエルサルバドルって何さ。どこさ。知らないよ。

なんて怒っても時間のない私たちは次の日まで待つなんて出来ないし、怒ったところでホンジュラス行きのバスが来るわけでもないので諦める。ここまで心が広くなれるとは。今やバチカンサイズだった私の心はシンガポールを越してモンテネグロサイズまで成長している気がする。

で、諦めてエルサルバドルに向かうことになりましたとさ。

ホンジュラス首都テグシガルバまで8h(これも胡散臭いんだけど)といわれていたところがなんとエルサルバドル・サンサルバドールについてみたら12hかかってる。あーぁ。
お蔭様で現地に着いたらもう暗い。困ったもの。たまたま同じバスだったオーストラリア人の女性がいたので一緒に宿探しに参加することに。この後彼女とはこのエルサルバドルの地での1日半ほどを共にするのだけれど、彼女に

「オーストラリアでは何をしているの?」と問いかけると

「子供たちにピース(Peace)を教えているのよ!」

アバウトだなー・・・・・・・・
いいと思うけどさ、大切だしね。ピース。
あまりにアバウトな答えにそれ以上突っ込む気になれなかった。
彼女はとてもパワフルで頼もしかった。スペイン語しかわからない現地人に違和感なく英語でベラベラ話しかける姿とかね。人のこと言えませんけどね。本気になると通じるものだからね、不思議です。

Guatemala Flores to El Salvador San Salvador Q320×2(ケツァル)12h

San Salvakor to Costa Rica San Jose $65×2

Floresの宿(名前忘れました) Q120

Hotel Grecla real $44.5


すべて2人分の金額です

世界一周ブログに参加中

ポチポチクリックお願い申し上げます
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2010年9月14日 (火)

Mexioo

Mexico                                 4/Sep/2010-11/Sep/2010

Hola Hola Hola!!

タコス・リコスタコスなメキシコ、英語が通じない。スペイン語ワカラナーイ。

 Dscf1935_800x600_5 Dscf1959_800x600_2

確かに大学で少しスペイン語をかじったけれども、けれども。人間継続しなければ何事も忘れるわけで、今わかるのと言えば1-10までの数字と

「いくら?」

「○○はどこ?」

「今何時?」

「どこ出身?」

「私は日本から」

「スペイン語はわからない」

「あなたの名前は?」

「私の名前は○○です」

など、その程度しかわからず。我ながらなんと情けない私のブレイン。

シティな生活メキシコシティ

メキシコシティは本当に都会だと思う。毎晩2時過ぎまで飲んだくれていたのは置いておいて・・・ここには

メトロが9本通っている

メトロが山手線以上の間隔で走っている

メトロが深夜1時頃まで動いている

無論バスも充実している

関係ないけれどプロレスが40peso(約300円)で観戦できる。もちろん観てきました。

Dscf1931_800x600

残念ながら会場内、カメラの持ち込み禁止だったため撮影できなかったので外観だけでも。2階席でも十分堪能できる会場でした。

で、よく働いてくれている公共交通機関だけれどもこれが恐ろしく安い。メトロは1回3ペソ(約21円)乗り換えても外に出ず素直に乗り換えれば1回料金で乗車可。1日乗り回しても総武線の初乗り程度にしかならない。日本もこうしようよ、ね?

International Student Card発行の道

旅人で所持率の高い“国際学生証”

これを持っていると何かって、まぁ“学割”が利くわけです。美術館や博物館・遺跡の入場料が割引もしくは無料になり、国によってはバスや電車でも割引が受けられるというお得なカード。

そう、私は学生じゃありません。これは30・40歳を超えようが、じっちゃま・ばっちゃまになろうが関係なしに作ることが出来ます。

まずは自分でワードオフィスなどを使い偽学生証を作成

        ↓↓↓

Dscf2203_100x60

こんな感じ。これはワードで作成(私は一緒に作りに言った日本人の方に作ってもらいました:ありがとうございます。)ワードで作成したものを文具屋でラミネートしてもらいます。

そしてこの偽学生証をもって国際学生証発行のカウンターに持っていくと

        ↓↓↓

Dscf2204_116x150

こんな立派なものが出来上がるのです。上記のグリーンのカードがインターナショナル、下記のブルーのものがドメスティック。メキシコではインターナショナルはあまり通用せず、メキシコ国内学生証が役に立ちます。作成を頼む際に両方作るか聞かれるのでお願いすれば2個できます。これを手にした瞬間からもう学生です。

無論、日本の学生さんで日本の学生証を持っている方はそれを元に発行してもらえるのでワードで作る必要がありません。日本の運転免許証でも作れるとの話でしたが最近はそう簡単にも行かない事があるようで。

この国際学生証は他国でも作ることが出来ます。

私の出会った方々の情報によると、トルコ・エジプト・メキシコ。もちろんほかにもたくさんあると思いますが、トルコのもとは手書きでトルコ国内以外では使えないことが多いと聞きました。エジプトはかなりの高品質とのことですが少し値が張ります。メキシコは質と値のバランスがよく取れているのではと思います。ちなみに作成までにかかった金額は230peso(約1600円)元を取りやすい金額じゃないかと思います。

ちなみに、日本国の学生さんであれば日本でも国際学生証をを発行することが出来ます。また、26歳未満であれば国際青年証を発行してもらうことができます。詳しくは“国際学生証”で検索すればでますのでそちらでどうぞ。

ジャングルブックなパレンケ

いつもならば2人で行動ですが、今回はなんと4人!シティで同じ宿だった同年代の青年2人もご一緒。なんと心強いことか。一緒に約2時間重いバックパッックを背負いながらパレンケの日本人宿を探したり、ご飯食べたり、川遊びしたり・・・。

ここパレンケはメキシコシティから南下してグアテマラの国境近くの町。地○の歩き方には「ジャングルの中にポツンとある小さな町」と書かれていました。まさにその通りだと思う。パッケージツアーなんかを組むと大抵パレンケは含まれないみたいだけど、ちょっともったいない気もする。そんなところでした。

Dscf2177_800x600

ジャングルでしょう?

ここではジャングルの中に残るマヤの遺跡もみてきました。滝なんかもあったりしておもしろかった。そしてそして、ここはね。

アレが有名なんですって。今回本当に残念なことにお目にかかることが出来なかったのだけれど・・・でもそんな大きな声じゃ言えないからメキシコに行く人にだけ教えてあげる。アレだよ、アレ。

そして目指すはグアテマラ。

朝6時のシャトルバスが宿まで迎えに来てくれるそうで。それは大変助かります。

で、

翌朝目が覚めてみたら

6時。

え?出発時間じゃん!!って?

ね。そうだよね。

まぁ、雨の影響かシャトルが20分程遅れていたから助かったのだけれど。

私はiphoneが手元に無くなってから目覚ましがないためアユカのitouchに頼っていたのだけれど。

私はここに誓います。

神様仏さま、米粒一粒にさえ

あゆかに目覚ましを頼まないと、そう誓います。

Roma to Mexico city                           €881(訳あり価格)

San Felnando                                     $18×4

Mexic city to Parenque(13h)                792×2peso

Panchan Jungle Palace                       100×2peso

Parenque to Guatemala Flores             330×2peso

世界一周ブログに参加しています

ポチットパチット1回、といわず2回3回・・・

クリックしていると楽しくなってきてしまう不思議なバナー。

さぁ↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« 2010年8月29日 - 2010年9月4日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »